TRN BT20の左右ペアリングが切れたときに復旧する方法

まず、どんなとき左右のペアリングが切れるかですが、
左右どっちかが先に電池が切れたとき、そのまま放置していると、まだ電源が入っている方が、もう片方を探そうとして現在のペアリングを破棄して新しい相手を探しに行ってしまうようです。

下記はその際の復旧方法になります。

  1. まず電池が残っている方も電源を切る
  2. TRN BT20 を充電し、充電を待つ
  3. L ch.が R ch.よりもスマホ等のペアリング済みホストに接続をするのを優先してしまうため、BT20とペアリング済みの機器のBluetoothを切る
    (↑ここがキモ)
  4. TRN BT20の電源を左右同時にオンにする
  5. 数秒後、テレレレ♪と鳴ってペアリング完了すれば復旧成功

Google Playなし版K-TOUCH i9に>>21氏カスタムROMを入れる

御存知の通り、Google Playあり版が出ているんですが、中身が

  • MT6739ではなく、古くて低性能なMT6580M
  • RAMが2 or 3GBではなく1GB
  • Androidのバージョンが8.1ではなく6.0

と非常に残念なので、Google Playなし版を買って、
自分でカスタムロムを焼いてGoogle Play対応にしてしまうのが圧倒的にオススメです。
下記はその手順になります。かなりダイジェストです。

  • まず普通に起動する
  • 設定→システム→端末情報を開く
  • ビルド番号を連打すると、 開発者設定が解放される
  • 設定→システム→開発者向けオプションを開く
  • OEMロック解除 をオンにする
  • USBデバッグをオンにする
  • 端末をPCとUSBで繋ぐ
  • (PCにadbコマンドが打てる環境を構築する 参考→ https://butsuyoku-gadget.com/android_sdk_install/ )
  • PCのコマンドプロンプトに adb reboot fastboot と打つ
  • Fastboot モードで端末が起動するのを待つ
  • PCのコマンドプロンプトに fastboot oem unlock と打つ
  • 何か画面に確認事項が出るので、それに従ってYES的な応答をする(音量を上げるボタン)
  • >>21氏のROMをダウンロードする https://egg.5ch.net/test/read.cgi/smartphone/1557922203/21
  • k-touch_i9_mod_v0.8.7z を解凍してMicroSDに入れる。
  • そのMicroSDをK-TOUCH i9に入れる。
  • 付属のrecovery.binを fastboot flash recovery と打った後コマンドプロンプトにドラッグしてエンター。これでカスタムリカバリが焼ける
  • fastboot erase cache
  • fastboot erase system
  • fastboot erase userdata
  • 端末の音量上げるボタンを押しながら、 PCのコマンドプロンプトに fastboot reboot とタイプする
  • 黒画面の簡素なメニューが起動したら音量ボタンは離してOK
  • 音量上げるボタンで項目選択できるので RECOVERY を選択して、音量下げるボタンで決定
  • これでカスタムリカバリ(TWRP)が起動するので、あとはロムを焼く
  • SYSTEMを改変可能にするか聞かれるので、画面下のツマミを右に動かす(YESの意)
  • Wipeをタップする
  • Format Dataをタップする
  • 頑張って yes と入力しDataをフォーマットする
  • Installをタップする
  • 右下の「Install Image」をタップする
  • (Up A Level) → external_sd をタップすると、先程のMicroSDの中身が見える
  • system.bin を System に焼く。再起動するかどうか聞かれるが、キャンセル
  • vendor.bin を Vendor に焼く。 再起動するかどうか聞かれるが、キャンセル
  • boot.bin を Boot に焼く。ここで再起動。
  • 無事カスタムロムが起動すれば成功。おつかれさまでした。

愛車紹介1

手始めに手持ちの自転車を買った順に紹介してみたいと思います!

 

まずはドッペルギャンガー210から。

たしか6年ぐらい前の夏

通勤に使っていたママチャリが壊れてしまったので、

代わりの自転車を探したところ、一目惚れして購入した1台です。

 

まだ自転車の知識も何もないころだったので、

とりあえず乗れるだけの状態にして自転車屋さんに持って行って、

「フォークが逆だよ」と突っ込まれたりもしました。

 

買った年、冬にもスパイクタイヤをつけて乗っていたのですが、

手稲駅駐輪場で盗まれてしまい、その後数年間手元にない状態でした。

 

時は流れて2014年秋、何故か札幌市内の自転車リサイクル業者にて販売されているのを見つけ、

買い戻した結果、再び手元に戻ってきたという経緯があります。

下記の改造箇所は、ほとんど手元に戻ってきた後に行ったものです。

 

 

カスタム箇所>

サドル:VELOのなんか安かったやつ
シートポスト:ドッペルギャンガーロングシートポスト(27.2×500)
BB:タンゲLN7922 120mm
クランク:DC-52M 52T 170mm
ホイール:サイクルハウスジロのDA-16 + DEORE手組
ハンドルポスト:KHSの着脱式のやつ
ハンドル:PowerTools製 KHS純正ハンドル
Vブレーキ:Deoreのなんか
ブレーキレバー:Tektro RL720
バーエンドコントローラ:ENE BAR END CONTROL
スプロケット:CS-HG50-8 11-32T
スタンド:ドッペルギャンガーDKS156-BK

タグ